クリスマスローズと暮らす日々

 10月から4月までの期間限定クリスマスローズブログです。

Indiffernce and neglect

2137XDACWTL__SL110_.jpg

"Sirius didn't hate Kreacher," said Dumbledoe.

'He regarded him as a servant unworthy of much
interest or notice.

Indiffernce and neglect often do much more damage
than outright dislike・・・"

「シリウスはクリーチャーを憎んだわけではない」ダンブルドアが言った。
「関心を寄せたり気にかけたりする価値のない召使とみなしていた。あからさまな憎しみより無関心や無頓着のほうが往々にして大きな打撃を与えるものじゃ・・・」
(ハリーポッターと不死鳥の騎士団 下640)

シリウスとクリーチャー(シリウスの屋敷しもべ妖精)の関係に言及したダンブルドアのことばです。

愛の反対は憎しみではなく無関心とおっしゃったマザーテレサの言葉を思い出させるような発言です。シリウスのクリーチャーへの無関心が結果的に彼を死の道に歩ませてしまいます。
兄とも父とも慕うシリウスの死に怒り狂うハリーですが、ダンブルドアにもどうにもできません。
別窓 | Harry Potter | コメント:2
∧top | under∨
<<We'll be there, Harry | クリスマスローズと暮らす日々 | Do you know what's Harry Potter?>>

この記事のコメント

シリウスはクリーチャーに無関心だったのがよくなかったのですね。もっと気にしてあげていたら死ななかったのでしょうか?
2008-07-21 Mon 15:55 | URL | oasis #-[ 内容変更] | top↑
無関心は憎しみよりも始末が悪そうですけど、だからといってシリウスがクリーチャーをかまってやっていたら運命がかわっていたかしら・・・私にはなんとも言えませんけど、シリウスの母親に盲目的に仕えるクリーチャーとシリウスが仲良く暮らせることは考えられませんね。

シリウスの死はショックでしたね。魔法の世界なんだから生き返ってほしいと願っていたのですけど・・・
2008-07-21 Mon 20:38 | URL | dreamrose #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| クリスマスローズと暮らす日々 |